築30年でリフォームをするメリット

それなりに大事に使ってきた我が家も築30年ともなるといろいろな所にガタがきてしまい退職金でリフォームをするのは当たり前と考えるようになりました。ただ一軒丸ごと新築住宅のようにリフォームをすると退職金が一瞬で飛んで行ってしまうので、水回りとバリアフリーにすることを重点にリフォームを考えました。2階に関しては今後年を重ねていくにつれ使用頻度が減ることを考えると思い切って現状維持にすることに決めました。本来なら新築で立てた施工会社にリフォームをお願いするのが筋だと思ったのですが調べてみるとその会社は既に無くなっていて、結局リフォーム業者に依頼することにしました。しかし新耐震基準より前に建った我が家は本来なら耐震補強のためのリフォームを一番に考えるべきだったのですが、地震が少ない地域であることから内装のリフォームを重視しました。これは後になって後悔しています。100%安心安全な家とは言えませんが、キッチンや水周り、そして段差をなくすことで躓くことがなくなりました。夜暗がりでも平気であるけるようになりました。そしてお風呂の隙間風から解放されたことはリフォームして本当によかったと家族全員が口をそろえて言っています。それからキッチンを対面キッチンにすることで家族の会話が増えたことと台所に家族が自然に集うようになり以前より会話が増えたこともメリットだったと思います。リフォームを悩んでいる人がいたらぜひ早めにリフォームすることを勧めたいと思います。なぜならあまり高齢になってからのリフォームは逆に使い勝手が悪いと感じてしまうからです。新しいことが快適と感じる元気なうちにリフォームすることで健康寿命も延びるのではないでしょうか。